Print

Masayuki Ono

Co-Founder / Board of Directors / Operating officer / CTO at Aquatica Inc.
Kawasaki, Kanagawa Prefecture, Japan
https://mono0926.com _mono mono0926
Last active on Stack Overflow today

Software Engineer(iOS, Swift, etc.)

Software Engineer(iOS, Swift, etc.)

Favorite editor: Visual Studio Code • First computer: Fujitsu FMV
This user is part of the top 20% Stack Overflow answerers in this technology
top
20%
This user is part of the top 30% Stack Overflow answerers in this technology
top
30%

Are you sure you want to do that?

Cancel Yes, delete it
Position Jan 2018 → Current (1 year)
Co-Founder / Board of Directors / Operating officer / CTO at Aquatica Inc.

Development, Design

Development, Design

Are you sure you want to do that?

Cancel Yes, delete it
Position May 2017 → Current (1 year, 8 months)

Are you sure you want to do that?

Cancel Yes, delete it
Open source Aug 2017 → Current (1 year, 4 months)

Swift models, relationships, and querying for NoSQL and SQL databases.

Swift models, relationships, and querying for NoSQL and SQL databases.

Are you sure you want to do that?

Cancel Yes, delete it
Open source Aug 2017 → Current (1 year, 5 months)
Last commit on Aug 08, 17
19 Commits / 1,898 ++ / 1,066 --

APNs(Apple Push Notification Service) SDK

APNs(Apple Push Notification Service) SDK

Are you sure you want to do that?

Cancel Yes, delete it
Open source Jul 2017 → Current (1 year, 5 months)
Last commit on Aug 26, 17
36 Commits / 844 ++ / 315 --

Firebase ID tokens verifier.

Firebase ID tokens verifier.

Are you sure you want to do that?

Cancel Yes, delete it
Open source Jul 2017 → Current (1 year, 6 months)
Last commit on Aug 07, 17
5 Commits / 3,200 ++ / 41 --

「iOS プッシュ通知プログラミング完全ガイド」のサンプルコード

「iOS プッシュ通知プログラミング完全ガイド」のサンプルコード

Are you sure you want to do that?

Cancel Yes, delete it
Open source Jun 2017 → Current (1 year, 7 months)
Last commit on Nov 01, 17
24 Commits / 1,419 ++ / 96 --

Thin wrapper of AutoLayout

Thin wrapper of AutoLayout

Are you sure you want to do that?

Cancel Yes, delete it
Open source Apr 2017 → Current (1 year, 8 months)
Last commit on Dec 05, 18
276 Commits / 23,446 ++ / 20,576 --

A license list generator of all your dependencies for iOS applications

A license list generator of all your dependencies for iOS applications

Are you sure you want to do that?

Cancel Yes, delete it
Open source Apr 2017 → Current (1 year, 8 months)
Last commit on Oct 01, 17
92 Commits / 2,913 ++ / 967 --

Clone of Apple iOS App's feedback popup, and easily customizable.

Clone of Apple iOS App's feedback popup, and easily customizable.

Are you sure you want to do that?

Cancel Yes, delete it
Certification Sep 2010 → Current (8 years, 4 months)

Are you sure you want to do that?

Cancel Yes, delete it
Certification Sep 2010 → Current (8 years, 4 months)

Are you sure you want to do that?

Cancel Yes, delete it
Position Oct 2015 → Dec 2017 (2 years, 3 months)
Chief Engineer at Vikona Inc.

Chief Engineer

チーフエンジニアとして、iOS版アプリ + 開発全般やってます。 2015年10月にジョインして、iOS版アプリは全部書き直して11月にバージョン3.0としてリリースしました! サーバーAPI実装も自らすべてやっています。

Chief Engineer

チーフエンジニアとして、iOS版アプリ + 開発全般やってます。 2015年10月にジョインして、iOS版アプリは全部書き直して11月にバージョン3.0としてリリースしました! サーバーAPI実装も自らすべてやっています。

Are you sure you want to do that?

Cancel Yes, delete it
Blogs or videos Oct 2017

[執筆中] iOS 11までのプッシュ通知プログラミングを完全網羅した本になる予定です。2017年秋公開目標で、新しいiOSリリースなどにも合わせて順次アップデートしていく予定です。

[執筆中] iOS 11までのプッシュ通知プログラミングを完全網羅した本になる予定です。2017年秋公開目標で、新しいiOSリリースなどにも合わせて順次アップデートしていく予定です。

Are you sure you want to do that?

Cancel Yes, delete it
4
Top post Jul 2017

Are you sure you want to do that?

Cancel Yes, delete it
Open source Feb 2015 → May 2017 (2 years, 3 months)
Last commit on May 08, 17
11 Commits / 909 ++ / 171 --

Are you sure you want to do that?

Cancel Yes, delete it
Blogs or videos May 2017

Are you sure you want to do that?

Cancel Yes, delete it
Blogs or videos Sep 2016

Qiitaほど腰を据えずに、Swift・iOSに関係した文章を気軽に書きます。トップに寄稿についての簡単なガイドラインも載せてあります。.

Qiitaほど腰を据えずに、Swift・iOSに関係した文章を気軽に書きます。トップに寄稿についての簡単なガイドラインも載せてあります。.

Are you sure you want to do that?

Cancel Yes, delete it
Open source Aug 2016 → Aug 2016 (1 month)

Example package for use with the Swift Package Manager

Example package for use with the Swift Package Manager

Are you sure you want to do that?

Cancel Yes, delete it
Blogs or videos Aug 2016

「Swift言語の最新状況ウォッチング」をテーマに、不定期でオピニオンコラムを発信する。

「Swift言語の最新状況ウォッチング」をテーマに、不定期でオピニオンコラムを発信する。

Are you sure you want to do that?

Cancel Yes, delete it
Blogs or videos Aug 2016

Swiftは2014年のWWDCで突如発表されて、同年9月に正式リリースされて以来、バージョンを上げながら着実な進化を続けてきました。 現時点での最新版は2.2.1で、秋にはバージョン3の大きなリリースが予定されています。 そんなここまでの動向と、Swift 3に盛り込まれる要素およびさらにその先に向けて議論されてい…

Swiftは2014年のWWDCで突如発表されて、同年9月に正式リリースされて以来、バージョンを上げながら着実な進化を続けてきました。 現時点での最新版は2.2.1で、秋にはバージョン3の大きなリリースが予定されています。 そんなここまでの動向と、Swift 3に盛り込まれる要素およびさらにその先に向けて議論されてい…

Are you sure you want to do that?

Cancel Yes, delete it
Blogs or videos Jun 2016

普段の家庭運用にあたって良いなと感じたTipsなどについてエンジニア目線で気軽に書いていきましょう。.

普段の家庭運用にあたって良いなと感じたTipsなどについてエンジニア目線で気軽に書いていきましょう。.

Are you sure you want to do that?

Cancel Yes, delete it
Blogs or videos Jun 2016

WWDC 2016 Keynoteで発表された新OS群を1日メイン利用してみて感じたこと

WWDC 2016 Keynoteで発表された新OS群を1日メイン利用してみて感じたこと

Are you sure you want to do that?

Cancel Yes, delete it
Blogs or videos Jun 2016

What's New in UserNotifications Framework

What's New in UserNotifications Framework

Are you sure you want to do that?

Cancel Yes, delete it
Open source Feb 2016 → Feb 2016 (1 month)
Last commit on Feb 08, 16
6 Commits / 226,890 ++ / 549 --

WEB+DB PRESS Vol.91 特集3のサンプルコード群

WEB+DB PRESS Vol.91 特集3のサンプルコード群

Are you sure you want to do that?

Cancel Yes, delete it
Blogs or videos Feb 2016

特集3 iOSアプリ開発最前線 iOS 9,Swift 2,Xcode 7,CI環境

iPhone,iPadなどのアプリの最新の開発方法を解説する特集です。iOS 9やSwift 2になり搭載された新機能や,Xcode7を使いこなすためのテクニックを紹介します。そして,プッシュ通知によりユーザーに効果的に情報を伝える方法や,fastlaneというツールを使ったCI(Continuous Integration,継続的インテグレーション)環境の構築/活用方法も取り上げています。今,現場で使われている最新の開発手法を身に付けてください。

特集3 iOSアプリ開発最前線 iOS 9,Swift 2,Xcode 7,CI環境

iPhone,iPadなどのアプリの最新の開発方法を解説する特集です。iOS 9やSwift 2になり搭載された新機能や,Xcode7を使いこなすためのテクニックを紹介します。そして,プッシュ通知によりユーザーに効果的に情報を伝える方法や,fastlaneというツールを使ったCI(Continuous Integration,継続的インテグレーション)環境の構築/活用方法も取り上げています。今,現場で使われている最新の開発手法を身に付けてください。

Are you sure you want to do that?

Cancel Yes, delete it
Certification Dec 2015 → Dec 2015 (1 month)

Are you sure you want to do that?

Cancel Yes, delete it
Blogs or videos Dec 2015

Read writing from mono  on Medium. Software Engineer(iOS, Swift, etc.) https://mono0926.com/page/about/. Every day, mono  and thousands of other voices read, write, and share important stories on Medium.

Read writing from mono  on Medium. Software Engineer(iOS, Swift, etc.) https://mono0926.com/page/about/. Every day, mono  and thousands of other voices read, write, and share important stories on Medium.

Are you sure you want to do that?

Cancel Yes, delete it
Feature or Apps Nov 2015

Are you sure you want to do that?

Cancel Yes, delete it
Position Mar 2015 → Oct 2015 (8 months)
Chief Architect at ookami, Inc.

iOS Application Development (Swift)

iOS Application Development (Swift)

Are you sure you want to do that?

Cancel Yes, delete it
5
Top post Jun 2015

Are you sure you want to do that?

Cancel Yes, delete it
12
Top post Jun 2015

Are you sure you want to do that?

Cancel Yes, delete it
Blogs or videos Jun 2015

My technical articles.

My technical articles.

Are you sure you want to do that?

Cancel Yes, delete it
Feature or Apps Apr 2015

iOS Application

iOS Application

Are you sure you want to do that?

Cancel Yes, delete it
Position Oct 2012 → Feb 2015 (2 years, 5 months)
Software Engineer at Ripplex Inc.
  • iOS App Development (Swift / Objective-C)
  • Windows App Development
  • iOS App Development (Swift / Objective-C)
  • Windows App Development

Are you sure you want to do that?

Cancel Yes, delete it
Position Jul 2014 → Dec 2014 (6 months)
Programmer at 株式会社チカク

まごチャンネル iOS Application

まごチャンネル iOS Application

Are you sure you want to do that?

Cancel Yes, delete it
Open source Sep 2014 → Sep 2014 (1 month)

Are you sure you want to do that?

Cancel Yes, delete it
Open source Sep 2014 → Sep 2014 (1 month)

Are you sure you want to do that?

Cancel Yes, delete it
6
Top post Jun 2014

Are you sure you want to do that?

Cancel Yes, delete it
1
Top post Jun 2014

Are you sure you want to do that?

Cancel Yes, delete it
Feature or Apps May 2014

Are you sure you want to do that?

Cancel Yes, delete it
Blogs or videos Jan 2014

Are you sure you want to do that?

Cancel Yes, delete it
5
Top post Dec 2013

Are you sure you want to do that?

Cancel Yes, delete it
Certification Dec 2011 → Dec 2013 (2 years, 1 month)

Are you sure you want to do that?

Cancel Yes, delete it
Certification Nov 2011 → Nov 2013 (2 years, 1 month)

Are you sure you want to do that?

Cancel Yes, delete it
3
Top post Oct 2013

Are you sure you want to do that?

Cancel Yes, delete it
Certification Oct 2011 → Oct 2013 (2 years, 1 month)

Are you sure you want to do that?

Cancel Yes, delete it
Feature or Apps Sep 2013

Main iOS developer

Main iOS developer

Are you sure you want to do that?

Cancel Yes, delete it
Certification Sep 2011 → Sep 2013 (2 years, 1 month)

Are you sure you want to do that?

Cancel Yes, delete it
Position Apr 2011 → Sep 2012 (1 year, 6 months)
Research & Development at 新日鉄ソリューションズ

Windows 8 Metro Style App Silverlight WP7 ASP.NET MVC WCF Services NFC MVVM TFS

Windows 8 Metro Style App Silverlight WP7 ASP.NET MVC WCF Services NFC MVVM TFS

Are you sure you want to do that?

Cancel Yes, delete it
Certification Sep 2010 → Sep 2012 (2 years, 1 month)

Are you sure you want to do that?

Cancel Yes, delete it
Certification Sep 2010 → Sep 2012 (2 years, 1 month)

Are you sure you want to do that?

Cancel Yes, delete it
Feature or Apps Mar 2012

Client app of Pinboard. Listed here: https://pinboard.in/resources/

Developer(only me)

Client app of Pinboard. Listed here: https://pinboard.in/resources/

Developer(only me)

Are you sure you want to do that?

Cancel Yes, delete it
Open source Jan 2012 → Mar 2012 (3 months)

Are you sure you want to do that?

Cancel Yes, delete it
Position Feb 2009 → Mar 2011 (2 years, 1 month)
Programmer at Altpaper

Are you sure you want to do that?

Cancel Yes, delete it
Education 2005 → 2009

Are you sure you want to do that?

Cancel Yes, delete it
Education 1999 → 2005

Recommended reading

by Paul Graham

"The computer world is like an intellectual Wild West, in which you can shoot anyone you wish with your ideas, if you're willing to risk the consequences. " --from Hackers & Painters: Big Ideas from the Computer Age, by Paul Graham

"The computer world is like an intellectual Wild West, in which you can shoot anyone you wish with your ideas, if you're willing to risk the consequences. " --from Hackers & Painters: Big Ideas from the Computer Age, by Paul Graham

by 石川 洋資, 西山 勇世

本書は、Swiftの言語仕様と実践的な利用方法を解説した入門書です。 Swiftは簡潔な言語ですが、その言語仕様を理解し、正しく使うことはけっして容易ではありません。Appleの公式ドキュメントをはじめとして、どんな言語仕様があり、それらをどのように使うかに関しては豊富な情報源があります。しかし、それらがなぜ存在し、いつ使うべきかについてまとまった情報があるとは言えません。本書は、読者のみなさんの「なぜ」や「いつ」を解消することにも主眼を置いています。 本書では、はじめにSwiftの標準的な機能を一通り解説し、続いて型の設計指針や非同期処理、エラー処理などの実装パターンを説明します。最後に、実践的なSwiftアプリケーションの開発を通じて、それまでに説明した機能と実装パターンの具体的な活用方法を示します。

本書は、Swiftの言語仕様と実践的な利用方法を解説した入門書です。 Swiftは簡潔な言語ですが、その言語仕様を理解し、正しく使うことはけっして容易ではありません。Appleの公式ドキュメントをはじめとして、どんな言語仕様があり、それらをどのように使うかに関しては豊富な情報源があります。しかし、それらがなぜ存在し、いつ使うべきかについてまとまった情報があるとは言えません。本書は、読者のみなさんの「なぜ」や「いつ」を解消することにも主眼を置いています。 本書では、はじめにSwiftの標準的な機能を一通り解説し、続いて型の設計指針や非同期処理、エラー処理などの実装パターンを説明します。最後に、実践的なSwiftアプリケーションの開発を通じて、それまでに説明した機能と実装パターンの具体的な活用方法を示します。

by Jon Bentley

情報系の勉強をしたことのある人ならば、誰しもプログラムにおけるアルゴリズムの概念に触れたことがあるだろう。同じ動作をするプログラムでもエレガントなアルゴリズムを持つものとそうでないものの間には実行時間や堅牢性、リソースの利用量などにおいて大きな隔たりがあり、時には劇的なほどパフォーマンスの差があることも珍しくはない。一方でそのようなアルゴリズムを創出することがいかに難しいかも周知のことである。そのため現在では納期や効率に重点をおいたプログラミングが優先されることが多いが、単純で美しいプログラムを書くことは何より重要なことである。

本書は著者を含めたプログラマーたちが扱った問題をベースに、エレガントなプログラムを書く際のさまざまなアドバイスや手法について解説したものである。大学でのアルゴリズム講義に登場してくる探索やソート、データ構造といった内容に触れており、現実的な題材の下に要求の定義、リソースの活用の仕方、動作する環境などのさまざまな側面からどのようにアルゴリズムを組むべきかといった、プログラムを組む上での原理原則を学べるように構成されている。

情報系の勉強をしたことのある人ならば、誰しもプログラムにおけるアルゴリズムの概念に触れたことがあるだろう。同じ動作をするプログラムでもエレガントなアルゴリズムを持つものとそうでないものの間には実行時間や堅牢性、リソースの利用量などにおいて大きな隔たりがあり、時には劇的なほどパフォーマンスの差があることも珍しくはない。一方でそのようなアルゴリズムを創出することがいかに難しいかも周知のことである。そのため現在では納期や効率に重点をおいたプログラミングが優先されることが多いが、単純で美しいプログラムを書くことは何より重要なことである。

本書は著者を含めたプログラマーたちが扱った問題をベースに、エレガントなプログラムを書く際のさまざまなアドバイスや手法について解説したものである。大学でのアルゴリズム講義に登場してくる探索やソート、データ構造といった内容に触れており、現実的な題材の下に要求の定義、リソースの活用の仕方、動作する環境などのさまざまな側面からどのようにアルゴリズムを組むべきかといった、プログラムを組む上での原理原則を学べるように構成されている。

by Toby Segaran

本書は現在注目を集めている「集合知(collective intelligence)」をテーマにした書籍です。 機械学習のアルゴリズムと統計を使ってウェブのユーザが生み出した膨大なデータを分析、解釈する方法を、基礎から分かりやすく解説します。 本書で紹介するのは「購入・レンタルした商品の情報を利用した推薦システム」、「膨大なデータから類似したアイテムを発見し、クラスタリングする方法」、 「数多くの解決策の中から最適なものを探し出す方法」、「オークションの最終価格を予想する方法」、「カップルになりそうなペアを探す方法」、「遺伝的プログラミング」など。 del.icio.us、eBayなどが公開しているWeb APIを使用した解説も本書の大きな特徴です。 本書のサンプルコードは可読性に優れたPythonを使用していますが、他の言語のプログラマでも理解しやすいようにアルゴリズムを解説しています。 日本語版ではYahoo!日本語形態素解析Webサービスを利用した日本語テキスト処理について加筆しました。

本書は現在注目を集めている「集合知(collective intelligence)」をテーマにした書籍です。 機械学習のアルゴリズムと統計を使ってウェブのユーザが生み出した膨大なデータを分析、解釈する方法を、基礎から分かりやすく解説します。 本書で紹介するのは「購入・レンタルした商品の情報を利用した推薦システム」、「膨大なデータから類似したアイテムを発見し、クラスタリングする方法」、 「数多くの解決策の中から最適なものを探し出す方法」、「オークションの最終価格を予想する方法」、「カップルになりそうなペアを探す方法」、「遺伝的プログラミング」など。 del.icio.us、eBayなどが公開しているWeb APIを使用した解説も本書の大きな特徴です。 本書のサンプルコードは可読性に優れたPythonを使用していますが、他の言語のプログラマでも理解しやすいようにアルゴリズムを解説しています。 日本語版ではYahoo!日本語形態素解析Webサービスを利用した日本語テキスト処理について加筆しました。

by 木下 是雄

調査報告、出張報告、技術報告、研究計画の申請書など、好むと好まざるとにかかわらず、書かなければならない書類は多い。

このような書類を書く際にまず考えるべきことは、それを読むのは誰で、その文章から何を知りたいと思っているかである。それに応じて自分は何について書くか主題を決め、最終的にこういう主張をする、という目標を定めて書き始める。

著者はまず、この目標を1つの文にまとめた目標規定文を書くことを勧める。そうすることで明確な目標意識を持つことができ、主張の一貫した文章を書くことができるというわけである。そしてその目標をにらみながら材料をメモし、序論、本論、結論といった原則に従って記述の順序や文章の組み立てを考え、すっきりと筋の通った形にしていく。本書では本論の叙述の順序、論理展開の順序、パラグラフの立て方から文の構造までを解説し、日本人に特有の明言を避ける傾向と対策、事実と意見の書き分けについても触れている。

実際に著者が書いたメモや論文の一部など具体例がふんだんに盛り込まれており、わかりやすい。いかに簡潔な表現で筋の通った主張をし、読む人を納得させることができるか。理科系ならずとも、論理的に思考し文章化することは、常に求められる能力である。本書ではそれに必要な技術、フォーマット一般が整理されており、参考になる。多少語調が古い感じもするが、それも再版を重ね、多くの人に読まれている証であろう。(宮崎 郁)

調査報告、出張報告、技術報告、研究計画の申請書など、好むと好まざるとにかかわらず、書かなければならない書類は多い。

このような書類を書く際にまず考えるべきことは、それを読むのは誰で、その文章から何を知りたいと思っているかである。それに応じて自分は何について書くか主題を決め、最終的にこういう主張をする、という目標を定めて書き始める。

著者はまず、この目標を1つの文にまとめた目標規定文を書くことを勧める。そうすることで明確な目標意識を持つことができ、主張の一貫した文章を書くことができるというわけである。そしてその目標をにらみながら材料をメモし、序論、本論、結論といった原則に従って記述の順序や文章の組み立てを考え、すっきりと筋の通った形にしていく。本書では本論の叙述の順序、論理展開の順序、パラグラフの立て方から文の構造までを解説し、日本人に特有の明言を避ける傾向と対策、事実と意見の書き分けについても触れている。

実際に著者が書いたメモや論文の一部など具体例がふんだんに盛り込まれており、わかりやすい。いかに簡潔な表現で筋の通った主張をし、読む人を納得させることができるか。理科系ならずとも、論理的に思考し文章化することは、常に求められる能力である。本書ではそれに必要な技術、フォーマット一般が整理されており、参考になる。多少語調が古い感じもするが、それも再版を重ね、多くの人に読まれている証であろう。(宮崎 郁)

by John Sonmez

ソフトウエア開発者専用に、「より良い人生」を送るためのノウハウ・スキルを網羅した、生き方バイブル本です。プログラマーが良い人生を送るためには、技術習得法やキャリア構築法といったノウハウに加え、対人的な交渉・指導・意思疎通などをうまく行える能力や知恵、すなわちソフトスキルが不可欠です!本書では、キャリアの築き方、自分の売り込み方、技術習得法、生産性の高め方といった仕事で成功する方法だけでなく、財産の築き方、心身の鍛え方、恋愛で成功する方法など、「人生全般をより良く生きる方法」を具体的に説明します。 ■序文から抜粋 あなたがこの複雑な産業で活路を開こうとしている若いソフトウェア開発者なら、今手にしているこの本は、多くの知恵と優れたアドバイスを与えてくれるはずだ。 ロバート・C・マーティン(アンクル・ボブ) ■「解説」から抜粋 本書はソフトウェア技術者向けの書籍ではありますが、いわゆるテクノロジーのことはほとんど書いてありません。しかし、「成功者」になるために必要なそれ以外の多くのことが書いてあります。(中略)今こそ私たちがもっと成功に貪欲になれるチャンスなのではないでしょうか。 ■「訳者あとがき」から抜粋 全体を読み通して感じたのは、人の弱さを十分に意識して書かれていること、率直であ ること、上からではなく同じ高さから話しかけてくることでした。(中略)校正のために読み返してみると、株や栄養や腹筋のことなど、「何かで読んだんだけどさあ」という枕で出てくるような話の多くを本書で覚えたことに気づきました。無意識のうちにいろいろな影響を受けているようです。この本、ただものではないですよ。

ソフトウエア開発者専用に、「より良い人生」を送るためのノウハウ・スキルを網羅した、生き方バイブル本です。プログラマーが良い人生を送るためには、技術習得法やキャリア構築法といったノウハウに加え、対人的な交渉・指導・意思疎通などをうまく行える能力や知恵、すなわちソフトスキルが不可欠です!本書では、キャリアの築き方、自分の売り込み方、技術習得法、生産性の高め方といった仕事で成功する方法だけでなく、財産の築き方、心身の鍛え方、恋愛で成功する方法など、「人生全般をより良く生きる方法」を具体的に説明します。 ■序文から抜粋 あなたがこの複雑な産業で活路を開こうとしている若いソフトウェア開発者なら、今手にしているこの本は、多くの知恵と優れたアドバイスを与えてくれるはずだ。 ロバート・C・マーティン(アンクル・ボブ) ■「解説」から抜粋 本書はソフトウェア技術者向けの書籍ではありますが、いわゆるテクノロジーのことはほとんど書いてありません。しかし、「成功者」になるために必要なそれ以外の多くのことが書いてあります。(中略)今こそ私たちがもっと成功に貪欲になれるチャンスなのではないでしょうか。 ■「訳者あとがき」から抜粋 全体を読み通して感じたのは、人の弱さを十分に意識して書かれていること、率直であ ること、上からではなく同じ高さから話しかけてくることでした。(中略)校正のために読み返してみると、株や栄養や腹筋のことなど、「何かで読んだんだけどさあ」という枕で出てくるような話の多くを本書で覚えたことに気づきました。無意識のうちにいろいろな影響を受けているようです。この本、ただものではないですよ。

by Dustin Boswell

「美しいコードを見ると感動する。優れたコードは見た瞬間に何をしているかが伝わってくる。そういうコードは使うのが楽しいし、 自分のコードもそうあるべきだと思わせてくれる。本書の目的は、君のコードを良くすることだ」(本書「はじめに」より)。

コードは理解しやすくなければならない。本書はこの原則を日々のコーディングの様々な場面に当てはめる方法を紹介します。 名前の付け方、コメントの書き方など表面上の改善について。コードを動かすための制御フロー、論理式、変数などループとロジックについて。 またコードを再構成するための方法。さらにテストの書き方などについて、楽しいイラストと共に説明しています。

日本語版ではRubyやgroongaのコミッタとしても著名な須藤功平氏による解説を収録。

「美しいコードを見ると感動する。優れたコードは見た瞬間に何をしているかが伝わってくる。そういうコードは使うのが楽しいし、 自分のコードもそうあるべきだと思わせてくれる。本書の目的は、君のコードを良くすることだ」(本書「はじめに」より)。

コードは理解しやすくなければならない。本書はこの原則を日々のコーディングの様々な場面に当てはめる方法を紹介します。 名前の付け方、コメントの書き方など表面上の改善について。コードを動かすための制御フロー、論理式、変数などループとロジックについて。 またコードを再構成するための方法。さらにテストの書き方などについて、楽しいイラストと共に説明しています。

日本語版ではRubyやgroongaのコミッタとしても著名な須藤功平氏による解説を収録。

by Mark Pilgrim

Dive Into Python 3 は、プログラミング経験者向けのPythonの入門書であり、Python 3 および Python 3とPython 2の違いを扱う。本書の約20%は Dive Into Python を改訂したもので、残りの80%は新しく書き下ろしたものだ。

Dive Into Python 3 は、プログラミング経験者向けのPythonの入門書であり、Python 3 および Python 3とPython 2の違いを扱う。本書の約20%は Dive Into Python を改訂したもので、残りの80%は新しく書き下ろしたものだ。

by Jeff Johnson

In this completely updated and revised edition of Designing with the Mind in Mind, Jeff Johnson provides you with just enough background in perceptual and cognitive psychology that user interface (UI) design guidelines make intuitive sense rather than being just a list or rules to follow.

Early UI practitioners were trained in cognitive psychology, and developed UI design rules based on it. But as the field has evolved since the first edition of this book, designers enter the field from many disciplines. Practitioners today have enough experience in UI design that they have been exposed to design rules, but it is essential that they understand the psychology behind the rules in order to effectively apply them.

In this new edition, you'll find new chapters on human choice and decision making, hand-eye coordination and attention, as well as new examples, figures, and explanations throughout.

Provides an essential source for user interface design rules and how, when, and why to apply them Arms designers with the science behind each design rule, allowing them to make informed decisions in projects, and to explain those decisions to others Equips readers with the knowledge to make educated tradeoffs between competing rules, project deadlines, and budget pressures Completely updated and revised, including additional coverage on human choice and decision making, hand-eye coordination and attention, and new mobile and touch-screen examples throughout

In this completely updated and revised edition of Designing with the Mind in Mind, Jeff Johnson provides you with just enough background in perceptual and cognitive psychology that user interface (UI) design guidelines make intuitive sense rather than being just a list or rules to follow.

Early UI practitioners were trained in cognitive psychology, and developed UI design rules based on it. But as the field has evolved since the first edition of this book, designers enter the field from many disciplines. Practitioners today have enough experience in UI design that they have been exposed to design rules, but it is essential that they understand the psychology behind the rules in order to effectively apply them.

In this new edition, you'll find new chapters on human choice and decision making, hand-eye coordination and attention, as well as new examples, figures, and explanations throughout.

Provides an essential source for user interface design rules and how, when, and why to apply them Arms designers with the science behind each design rule, allowing them to make informed decisions in projects, and to explain those decisions to others Equips readers with the knowledge to make educated tradeoffs between competing rules, project deadlines, and budget pressures Completely updated and revised, including additional coverage on human choice and decision making, hand-eye coordination and attention, and new mobile and touch-screen examples throughout

by Apple Inc.

Swift is a programming language for creating iOS, macOS, watchOS, and tvOS apps. Swift builds on the best of C and Objective-C, without the constraints of C compatibility. Swift adopts safe programming patterns and adds modern features to make programming easier, more flexible, and more fun. Swift’s clean slate, backed by the mature and much-loved Cocoa and Cocoa Touch frameworks, is an opportunity to reimagine how software development works.

This book provides: - A tour of the language. - A detailed guide delving into each language feature. - A formal reference for the language.

Swift is a programming language for creating iOS, macOS, watchOS, and tvOS apps. Swift builds on the best of C and Objective-C, without the constraints of C compatibility. Swift adopts safe programming patterns and adds modern features to make programming easier, more flexible, and more fun. Swift’s clean slate, backed by the mature and much-loved Cocoa and Cocoa Touch frameworks, is an opportunity to reimagine how software development works.

This book provides: - A tour of the language. - A detailed guide delving into each language feature. - A formal reference for the language.

by Gordon Bell

人の記憶力には限界がある。だが、あなたの見聞きしたもの、触れたもの、そして普段は気にかけない自分の位置情報や生体情報まで、人生の「すべて」をデジタルに記憶させれば、いつでも簡単に検索して取り出すことができる。仕事に役立つのみならず、病気の兆候を発見することや、いずれはヴァーチャルな分身に人生を語らせることも可能だ。いいことずくめの「ライフログ」の時代はやってきたのだ!みずから「人生の完全記録」を試みるコンピューター科学の重鎮が、その基本概念と可能性、実践法までを情熱豊かに語り尽くす。

人の記憶力には限界がある。だが、あなたの見聞きしたもの、触れたもの、そして普段は気にかけない自分の位置情報や生体情報まで、人生の「すべて」をデジタルに記憶させれば、いつでも簡単に検索して取り出すことができる。仕事に役立つのみならず、病気の兆候を発見することや、いずれはヴァーチャルな分身に人生を語らせることも可能だ。いいことずくめの「ライフログ」の時代はやってきたのだ!みずから「人生の完全記録」を試みるコンピューター科学の重鎮が、その基本概念と可能性、実践法までを情熱豊かに語り尽くす。

by Jonathan Rasmusson

マスターセンセイと学ぶアジャイル開発の道

動くソフトウェアを素早く開発するための「アジャイルソフトウェア開発手法」を、実際に導入するにはどうすればよいかを、豊富な図を使い親しみやすい言葉で解説しています。経験豊かな著者が具体的なノウハウをまとめた本書は、アジャイル開発を導入したいと考えている組織や人のための「現場のマニュアル」として役立ってくれることでしょう。

マスターセンセイと学ぶアジャイル開発の道

動くソフトウェアを素早く開発するための「アジャイルソフトウェア開発手法」を、実際に導入するにはどうすればよいかを、豊富な図を使い親しみやすい言葉で解説しています。経験豊かな著者が具体的なノウハウをまとめた本書は、アジャイル開発を導入したいと考えている組織や人のための「現場のマニュアル」として役立ってくれることでしょう。

Masayuki Ono

Kawasaki, Kanagawa Prefecture, Japan https://mono0926.com

Software Engineer(iOS, Swift, etc.)

Technical Skills

Likes: swift ios xcode server-side-swift firebase macos typescript
Dislikes: ruby ruby-on-rails

Experience

Jan 2018 → Current Co-Founder / Board of Directors / Operating officer / CTO Aquatica Inc.
swift, ios, server-side-swift, vapor, vapor-cloud, amazon-web-services, firebase, gcp, rds, aurora, amazon-s3, google-cloud-storage, sketch, xcode, github, slack

Development, Design

May 2017 → Current Administrator Discord - ios-developers-japan サーバー
ios, swift, discord
Oct 2015 → Dec 2017 Chief Engineer Vikona Inc.
swift, ruby, ruby-on-rails, ios, xcode, amazon-web-services, slack, github, bitrise, amazon-s3, firebase, rds, sketch

Chief Engineer

チーフエンジニアとして、iOS版アプリ + 開発全般やってます。 2015年10月にジョインして、iOS版アプリは全部書き直して11月にバージョン3.0としてリリースしました! サーバーAPI実装も自らすべてやっています。

Mar 2015 → Oct 2015 Chief Architect ookami, Inc.
ios, swift, xcode, iphone, apple

iOS Application Development (Swift)

Oct 2012 → Feb 2015 Software Engineer Ripplex Inc.
windows, wpf, c#, visualstudio, ios, swift, objective-c, iphone, jenkins
  • iOS App Development (Swift / Objective-C)
  • Windows App Development
Jul 2014 → Dec 2014 Programmer 株式会社チカク
swift, ios, xcode

まごチャンネル iOS Application

Apr 2011 → Sep 2012 Research & Development 新日鉄ソリューションズ
windows, silverlight, windowsphone, tfs, mvvm, nfc, asp.net, xaml, wpf, ria

Windows 8 Metro Style App Silverlight WP7 ASP.NET MVC WCF Services NFC MVVM TFS

Feb 2009 → Mar 2011 Programmer Altpaper
c#, java, windows, visualstudio

Education

2009 → 2011 Master The University of Tokyo
lifelog, ios, ruby, ruby-on-rails, xcode, machinelearning, virtual-reality, python
2005 → 2009 Bachelor The University of Tokyo
machinical-engineering
1999 → 2005 Junior and Senior High School 開成学園
math, english

Certifications

Sep 2010 → Current Applied Information Technology Engineer Examination https://www.jitec.ipa.go.jp/1_11seido/ap.html
Sep 2010 → Current Fundamental Information Technology Engineer Examination https://www.jitec.ipa.go.jp/1_11seido/h13/fe.html
Dec 2015 → Dec 2015 Best iPhone Apps of 2015 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000013627.html
swift, ios
Dec 2011 → Dec 2013 Pro: Designing and Developing Windows Phone Applications https://www.microsoft.com/en-us/learning/exam-70-599.aspx
windows-phone
Nov 2011 → Nov 2013 TS: Silverlight 4, Development https://www.microsoft.com/en-us/learning/exam-70-506.aspx
silverlight
Oct 2011 → Oct 2013 TS: Web Applications Development with Microsoft .NET Framework 4 https://www.microsoft.com/en-us/learning/exam-70-515.aspx
.net, asp.net, visual-studio, c#
Sep 2011 → Sep 2013 TS: Accessing Data with Microsoft .NET Framework 4 https://www.microsoft.com/en-us/learning/exam-70-516.aspx
.net, visual-studio, c#
Sep 2010 → Sep 2012 TOEFL iBT (Score: 75) https://www.ets.org/jp/toefl/ibt/about
Sep 2010 → Sep 2012 TOEIC (Score: 800) http://www.iibc-global.org

Projects & Interests

Jul 2012 → Current Stack Overflow https://stackoverflow.com/users/1524942/mono
Written 11 answers. Active in swift and ios.
Aug 2017 → Current mono0926/fluent https://github.com/mono0926/fluent

Swift models, relationships, and querying for NoSQL and SQL databases.

Aug 2017 → Current mono0926/apns https://github.com/mono0926/apns

APNs(Apple Push Notification Service) SDK

Jul 2017 → Current mono0926/firebase-verifier https://github.com/mono0926/firebase-verifier

Firebase ID tokens verifier.

Jul 2017 → Current mono0926/ios-notification-example https://github.com/mono0926/ios-notification-example

「iOS プッシュ通知プログラミング完全ガイド」のサンプルコード

Jun 2017 → Current mono0926/AutoLayoutExtension https://github.com/mono0926/AutoLayoutExtension

Thin wrapper of AutoLayout

Apr 2017 → Current mono0926/LicensePlist https://github.com/mono0926/LicensePlist

A license list generator of all your dependencies for iOS applications

Apr 2017 → Current mono0926/NativePopup https://github.com/mono0926/NativePopup

Clone of Apple iOS App's feedback popup, and easily customizable.

Feb 2015 → May 2017 mono0926/ios-license-generator https://github.com/mono0926/ios-license-generator
Aug 2016 → Aug 2016 mono0926/example-package-playingcard https://github.com/mono0926/example-package-playingcard

Example package for use with the Swift Package Manager

Feb 2016 → Feb 2016 mono0926/web-db-ios-development-sample https://github.com/mono0926/web-db-ios-development-sample

WEB+DB PRESS Vol.91 特集3のサンプルコード群

Sep 2014 → Sep 2014 ISUCON4 https://github.com/SYM-CONTEST/ISUCON4
Sep 2014 → Sep 2014 Cookpad2014 https://github.com/SYM-CONTEST/Cookpad2014
go
Jan 2012 → Mar 2012 ReactivePinboard https://github.com/mono0926/ReactivePinboard
c#

Public Artifacts

Oct 2017 [WIP] iOS プッシュ通知プログラミング完全ガイド https://leanpub.com/ios-notification
ios, notifications, apple-push-notifications, remote-notifications, leanpub, swift, ios11, ios10, http2

[執筆中] iOS 11までのプッシュ通知プログラミングを完全網羅した本になる予定です。2017年秋公開目標で、新しいiOSリリースなどにも合わせて順次アップデートしていく予定です。

May 2017 LicensePlist - A license list generator of all your dependencies for … https://www.slideshare.net/mono0926/licenseplist-a-license-list-generator-of-all-your-dependencies-for-ios-applications
swift, ios, licensing
Sep 2016 Swift・iOSコラム – Medium https://medium.com/swift-column
swift, ios

Qiitaほど腰を据えずに、Swift・iOSに関係した文章を気軽に書きます。トップに寄稿についての簡単なガイドラインも載せてあります。.

Aug 2016 Build Insiderオピニオン:小野将之 http://www.buildinsider.net/column/ono-masayuki
swift

「Swift言語の最新状況ウォッチング」をテーマに、不定期でオピニオンコラムを発信する。

Aug 2016 Swiftのこれまでの動向のまとめと 今後のさらなる発展の期待 - iOSDC 2016 http://www.slideshare.net/mono0926/swift-iosdc-2016-65179236
swift, ios

Swiftは2014年のWWDCで突如発表されて、同年9月に正式リリースされて以来、バージョンを上げながら着実な進化を続けてきました。 現時点での最新版は2.2.1で、秋にはバージョン3の大きなリリースが予定されています。 そんなここまでの動向と、Swift 3に盛り込まれる要素およびさらにその先に向けて議論されてい…

Jun 2016 エンジニアの家庭運用Tips – Medium https://medium.com/family-lifehack
lifehack

普段の家庭運用にあたって良いなと感じたTipsなどについてエンジニア目線で気軽に書いていきましょう。.

Jun 2016 WWDC 2016 Keynoteで発表された新OS群を1日メイン利用してみて感じたこと https://realm.io/jp/news/using-new-os-wwdc-2016/
ios, ios10

WWDC 2016 Keynoteで発表された新OS群を1日メイン利用してみて感じたこと

Jun 2016 What's New in User Notifications Framework - WWDC16. Meetup @Wantedly… http://www.slideshare.net/mono0926/whats-new-in-user-notifications-framework-wwdc16-meetup-wantedly-with
ios, swift

What's New in UserNotifications Framework

Feb 2016 WEB+DB PRESS Vol.91 http://gihyo.jp/magazine/wdpress/archive/2016/vol91
ios, swift

特集3 iOSアプリ開発最前線 iOS 9,Swift 2,Xcode 7,CI環境

iPhone,iPadなどのアプリの最新の開発方法を解説する特集です。iOS 9やSwift 2になり搭載された新機能や,Xcode7を使いこなすためのテクニックを紹介します。そして,プッシュ通知によりユーザーに効果的に情報を伝える方法や,fastlaneというツールを使ったCI(Continuous Integration,継続的インテグレーション)環境の構築/活用方法も取り上げています。今,現場で使われている最新の開発手法を身に付けてください。

Dec 2015 mono  – Medium https://medium.com/@mono0926
swift, ios

Read writing from mono  on Medium. Software Engineer(iOS, Swift, etc.) https://mono0926.com/page/about/. Every day, mono  and thousands of other voices read, write, and share important stories on Medium.

Jun 2015 mono0926 - Qiita http://qiita.com/mono0926
ios, swift

My technical articles.

Jan 2014 mono0926.com https://mono0926.com/
ios, swift, gadget

Apps & Software

Nov 2015 JOIN US - 今日飲み会がしたい!今夜飲める人だけのコミュニティ https://itunes.apple.com/jp/app/join-us/id918363882?mt=8;
ios, swift, apple, xcode, iphone
Apr 2015 Player! - Enjoy Live Games https://itunes.apple.com/app/id897872395
swift, xcode

iOS Application

May 2014 LINE Stamp: Love (Labrador Retriever) https://store.line.me/stickershop/product/1000854
illustrator
Sep 2013 Scene - Your Photos. Your Memories. Organize them with Scene http://www.scn.jp/en/
objective-c, xcode, photo, jenkins, ios

Main iOS developer

Mar 2012 Pinboard for WP7 | Windows Phone Apps http://www.windowsphone.com/en-us/store/app/pinboard-for-wp7/9d5d7335-bda8-47fa-98f1-221924650197
c#, xaml, reactive-programming, windows-phone

Client app of Pinboard. Listed here: https://pinboard.in/resources/

Developer(only me)

Readings

Hackers & Painters: Big Ideas from the Computer Age Paul Graham https://www.amazon.com/dp/1449389554?tag=mono0926-20

"The computer world is like an intellectual Wild West, in which you can shoot anyone you wish with your ideas, if you're willing to risk the consequences. " --from Hackers & Painters: Big Ideas from the Computer Age, by Paul Graham

Swift実践入門 ── 直感的な文法と安全性を兼ね備えた言語 石川 洋資, 西山 勇世 https://www.amazon.co.jp/dp/4774187305?tag=mono0926-22

本書は、Swiftの言語仕様と実践的な利用方法を解説した入門書です。 Swiftは簡潔な言語ですが、その言語仕様を理解し、正しく使うことはけっして容易ではありません。Appleの公式ドキュメントをはじめとして、どんな言語仕様があり、それらをどのように使うかに関しては豊富な情報源があります。しかし、それらがなぜ存在し、いつ使うべきかについてまとまった情報があるとは言えません。本書は、読者のみなさんの「なぜ」や「いつ」を解消することにも主眼を置いています。 本書では、はじめにSwiftの標準的な機能を一通り解説し、続いて型の設計指針や非同期処理、エラー処理などの実装パターンを説明します。最後に、実践的なSwiftアプリケーションの開発を通じて、それまでに説明した機能と実装パターンの具体的な活用方法を示します。

珠玉のプログラミング―本質を見抜いたアルゴリズムとデータ構造 Jon Bentley https://www.amazon.co.jp/dp/4894712369?tag=mono0926-22

情報系の勉強をしたことのある人ならば、誰しもプログラムにおけるアルゴリズムの概念に触れたことがあるだろう。同じ動作をするプログラムでもエレガントなアルゴリズムを持つものとそうでないものの間には実行時間や堅牢性、リソースの利用量などにおいて大きな隔たりがあり、時には劇的なほどパフォーマンスの差があることも珍しくはない。一方でそのようなアルゴリズムを創出することがいかに難しいかも周知のことである。そのため現在では納期や効率に重点をおいたプログラミングが優先されることが多いが、単純で美しいプログラムを書くことは何より重要なことである。

本書は著者を含めたプログラマーたちが扱った問題をベースに、エレガントなプログラムを書く際のさまざまなアドバイスや手法について解説したものである。大学でのアルゴリズム講義に登場してくる探索やソート、データ構造といった内容に触れており、現実的な題材の下に要求の定義、リソースの活用の仕方、動作する環境などのさまざまな側面からどのようにアルゴリズムを組むべきかといった、プログラムを組む上での原理原則を学べるように構成されている。

集合知プログラミング Toby Segaran https://www.amazon.co.jp/dp/4873113644?tag=mono0926-22

本書は現在注目を集めている「集合知(collective intelligence)」をテーマにした書籍です。 機械学習のアルゴリズムと統計を使ってウェブのユーザが生み出した膨大なデータを分析、解釈する方法を、基礎から分かりやすく解説します。 本書で紹介するのは「購入・レンタルした商品の情報を利用した推薦システム」、「膨大なデータから類似したアイテムを発見し、クラスタリングする方法」、 「数多くの解決策の中から最適なものを探し出す方法」、「オークションの最終価格を予想する方法」、「カップルになりそうなペアを探す方法」、「遺伝的プログラミング」など。 del.icio.us、eBayなどが公開しているWeb APIを使用した解説も本書の大きな特徴です。 本書のサンプルコードは可読性に優れたPythonを使用していますが、他の言語のプログラマでも理解しやすいようにアルゴリズムを解説しています。 日本語版ではYahoo!日本語形態素解析Webサービスを利用した日本語テキスト処理について加筆しました。

理科系の作文技術 木下 是雄 https://www.amazon.co.jp/dp/4121006240?tag=mono0926-22

調査報告、出張報告、技術報告、研究計画の申請書など、好むと好まざるとにかかわらず、書かなければならない書類は多い。

このような書類を書く際にまず考えるべきことは、それを読むのは誰で、その文章から何を知りたいと思っているかである。それに応じて自分は何について書くか主題を決め、最終的にこういう主張をする、という目標を定めて書き始める。

著者はまず、この目標を1つの文にまとめた目標規定文を書くことを勧める。そうすることで明確な目標意識を持つことができ、主張の一貫した文章を書くことができるというわけである。そしてその目標をにらみながら材料をメモし、序論、本論、結論といった原則に従って記述の順序や文章の組み立てを考え、すっきりと筋の通った形にしていく。本書では本論の叙述の順序、論理展開の順序、パラグラフの立て方から文の構造までを解説し、日本人に特有の明言を避ける傾向と対策、事実と意見の書き分けについても触れている。

実際に著者が書いたメモや論文の一部など具体例がふんだんに盛り込まれており、わかりやすい。いかに簡潔な表現で筋の通った主張をし、読む人を納得させることができるか。理科系ならずとも、論理的に思考し文章化することは、常に求められる能力である。本書ではそれに必要な技術、フォーマット一般が整理されており、参考になる。多少語調が古い感じもするが、それも再版を重ね、多くの人に読まれている証であろう。(宮崎 郁)

SOFT SKILLS ソフトウェア開発者の人生マニュアル John Sonmez https://www.amazon.co.jp/dp/B01GDS0994?tag=mono0926-22

ソフトウエア開発者専用に、「より良い人生」を送るためのノウハウ・スキルを網羅した、生き方バイブル本です。プログラマーが良い人生を送るためには、技術習得法やキャリア構築法といったノウハウに加え、対人的な交渉・指導・意思疎通などをうまく行える能力や知恵、すなわちソフトスキルが不可欠です!本書では、キャリアの築き方、自分の売り込み方、技術習得法、生産性の高め方といった仕事で成功する方法だけでなく、財産の築き方、心身の鍛え方、恋愛で成功する方法など、「人生全般をより良く生きる方法」を具体的に説明します。 ■序文から抜粋 あなたがこの複雑な産業で活路を開こうとしている若いソフトウェア開発者なら、今手にしているこの本は、多くの知恵と優れたアドバイスを与えてくれるはずだ。 ロバート・C・マーティン(アンクル・ボブ) ■「解説」から抜粋 本書はソフトウェア技術者向けの書籍ではありますが、いわゆるテクノロジーのことはほとんど書いてありません。しかし、「成功者」になるために必要なそれ以外の多くのことが書いてあります。(中略)今こそ私たちがもっと成功に貪欲になれるチャンスなのではないでしょうか。 ■「訳者あとがき」から抜粋 全体を読み通して感じたのは、人の弱さを十分に意識して書かれていること、率直であ ること、上からではなく同じ高さから話しかけてくることでした。(中略)校正のために読み返してみると、株や栄養や腹筋のことなど、「何かで読んだんだけどさあ」という枕で出てくるような話の多くを本書で覚えたことに気づきました。無意識のうちにいろいろな影響を受けているようです。この本、ただものではないですよ。

リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック (Theory in practice) Dustin Boswell https://www.amazon.co.jp/dp/4873115655?tag=mono0926-22

「美しいコードを見ると感動する。優れたコードは見た瞬間に何をしているかが伝わってくる。そういうコードは使うのが楽しいし、 自分のコードもそうあるべきだと思わせてくれる。本書の目的は、君のコードを良くすることだ」(本書「はじめに」より)。

コードは理解しやすくなければならない。本書はこの原則を日々のコーディングの様々な場面に当てはめる方法を紹介します。 名前の付け方、コメントの書き方など表面上の改善について。コードを動かすための制御フロー、論理式、変数などループとロジックについて。 またコードを再構成するための方法。さらにテストの書き方などについて、楽しいイラストと共に説明しています。

日本語版ではRubyやgroongaのコミッタとしても著名な須藤功平氏による解説を収録。

Dive into Python Mark Pilgrim http://diveintopython3-ja.rdy.jp

Dive Into Python 3 は、プログラミング経験者向けのPythonの入門書であり、Python 3 および Python 3とPython 2の違いを扱う。本書の約20%は Dive Into Python を改訂したもので、残りの80%は新しく書き下ろしたものだ。

Designing with the Mind in Mind: Simple Guide to Understanding User Interface Design Rules Jeff Johnson https://www.amazon.co.jp/dp/B00HLLN0PI?tag=mono0926-22

In this completely updated and revised edition of Designing with the Mind in Mind, Jeff Johnson provides you with just enough background in perceptual and cognitive psychology that user interface (UI) design guidelines make intuitive sense rather than being just a list or rules to follow.

Early UI practitioners were trained in cognitive psychology, and developed UI design rules based on it. But as the field has evolved since the first edition of this book, designers enter the field from many disciplines. Practitioners today have enough experience in UI design that they have been exposed to design rules, but it is essential that they understand the psychology behind the rules in order to effectively apply them.

In this new edition, you'll find new chapters on human choice and decision making, hand-eye coordination and attention, as well as new examples, figures, and explanations throughout.

Provides an essential source for user interface design rules and how, when, and why to apply them Arms designers with the science behind each design rule, allowing them to make informed decisions in projects, and to explain those decisions to others Equips readers with the knowledge to make educated tradeoffs between competing rules, project deadlines, and budget pressures Completely updated and revised, including additional coverage on human choice and decision making, hand-eye coordination and attention, and new mobile and touch-screen examples throughout

The Swift Programming Language Apple Inc. https://itunes.apple.com/jp/book/id881256329?mt=11

Swift is a programming language for creating iOS, macOS, watchOS, and tvOS apps. Swift builds on the best of C and Objective-C, without the constraints of C compatibility. Swift adopts safe programming patterns and adds modern features to make programming easier, more flexible, and more fun. Swift’s clean slate, backed by the mature and much-loved Cocoa and Cocoa Touch frameworks, is an opportunity to reimagine how software development works.

This book provides: - A tour of the language. - A detailed guide delving into each language feature. - A formal reference for the language.

ライフログのすすめ―人生の「すべて」をデジタルに記録する! Gordon Bell https://www.amazon.co.jp/dp/4153200107?tag=mono0926-22

人の記憶力には限界がある。だが、あなたの見聞きしたもの、触れたもの、そして普段は気にかけない自分の位置情報や生体情報まで、人生の「すべて」をデジタルに記憶させれば、いつでも簡単に検索して取り出すことができる。仕事に役立つのみならず、病気の兆候を発見することや、いずれはヴァーチャルな分身に人生を語らせることも可能だ。いいことずくめの「ライフログ」の時代はやってきたのだ!みずから「人生の完全記録」を試みるコンピューター科学の重鎮が、その基本概念と可能性、実践法までを情熱豊かに語り尽くす。

アジャイルサムライ−達人開発者への道 Jonathan Rasmusson https://www.amazon.co.jp/dp/4274068560?tag=mono0926-22

マスターセンセイと学ぶアジャイル開発の道

動くソフトウェアを素早く開発するための「アジャイルソフトウェア開発手法」を、実際に導入するにはどうすればよいかを、豊富な図を使い親しみやすい言葉で解説しています。経験豊かな著者が具体的なノウハウをまとめた本書は、アジャイル開発を導入したいと考えている組織や人のための「現場のマニュアル」として役立ってくれることでしょう。

Tools

First Computer: Fujitsu FMV
Favorite Editor: Visual Studio Code